診療内容

一般歯科


歯科治療といって皆様がまず思い浮かぶのは「むし歯の治療」ではないでしょうか?
冷たいものがしみるというのはむし歯だけではなく知覚過敏なども考えられますが、何もしなくても歯が痛いと感じる状態ですと、むし歯はかなり進行した状態になっている可能性があります。
この状態のむし歯が自然に治ることはほぼありません。放置していると最悪の場合歯を抜かなければならない事もあります。むし歯は早期発見・早期治療が大切です。
むし歯とは?
お口の中には、たくさんの細菌がいます。その中のミュータンス菌、ラクトバチラス菌がむし歯の原因と言われています。
この虫歯菌が食べ物の中の糖分を栄養にし、歯の表面にネバネバした物をつくりどんどん増えていきます。これが歯垢(プラーク)といわれるものです。
歯垢中の虫歯菌は食べ物の中の糖分を材料にして酸 を作り、次第に歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。そして穴があき、むし歯となります。
当院ではできるだけ「痛くない」「歯を削る量を少なくする」ように治療いたします。
患者さま一人ひとり、歯の一本ごとに症例が異なりますので同じケースはありません。したがって処置も色々な方法があります。
また保険診療と自費診療との差などもありますので気兼ねなくご相談ください。

小児歯科


お子様にとって、知らない人に、ましてや口の中を診られるというのはとても怖いものです。初めは怖くて泣いたり暴れたりするかもしれません。だからといって無理に治療をしようとすれば、たとえその時の診療は行えたとしてもお子様が歯医者さんを嫌がるようになり、歯科恐怖症やお口の状態を悪化させてしまう原因にもなります。
ですから当院ではお子様の気持ちを第一に考え、ゆっくり時間をかけて器械、先生、スタッフに慣れていただき、練習することから始めます。個人差はありますが、最初に泣いているお子さんでも必ず自分の意志で治療できるようになりますので、ご安心してお子様を来院させてください。
乳歯のむし歯は放置して穴が大きくなったり永久歯とのは萌え換わりの時期よりも早く喪失してしまうと、後続永久歯の位置関係がずれてしまい歯並びが悪くなったりすることもあります。
乳歯はすぐに抜けてしまうので、むし歯を放置しても大丈夫、と考えてしまう方がいらっしゃいますが乳歯のむし歯は将来にも影響します。
お子様に痛い思いをさせたくないのはもちろんですが、お子様の将来のことを考えて、むし歯はしっかり治してあげるようにしてください。

予防歯科


年をとっても自分の歯で美味しく食事をとるためには、むし歯や歯周病ならないよう予防をすることが最善の方法です。
むし歯や歯周病の予防には、患者さま自身が日々行うセルフケア、つまり歯磨きと、歯科医師や衛生士による専門的な機材を使ったプロフェッショナルケアがあります。両方を上手く使うことによって、何歳になっても歯を健康に保つことができます。
歯周病とは?歯と歯茎の境目に歯垢と呼ばれる細菌の固まりが停滞し、その中の歯周病原菌により歯茎が炎症を起こします。それが進行すると歯を支えている骨が溶かされてしまうという病気です。
厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査では、15~24歳の36.5%が、35~44歳の84.27%が55~64歳の85.79%が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は15歳前後に発症し、ゆっくりと進行するために自覚症状(痛み)がほとんど無いため、30、40歳代で気づいた時は、進行した歯周病になっている事も少なくありません。進行した歯周病では骨が溶けてしまっているため、最悪の場合、歯を抜く事となってしまいます。ですから、10、20歳代での早期発見、早期治療、予防が大切となってきます。
歯周病は全身に影響を及ぼすことも分かっています。お口の中の細菌が誤嚥や血液に乗って全身へと流れつき疾患を引き起こします。脳梗塞、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、心内膜炎、動脈硬化、糖尿病、低体重児出産、早産など多くの疾病が報告されています。

  • 歯磨きをすると、歯茎から出血する。
  • 歯茎が腫れることがある。
  • 歯茎から膿がでる。
  • 歯が長くなった。歯茎が下がってきた。
  • 歯の間に食べ物がよく挟まる。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯が浮いた感じ、ムズムズする事がある。
  • 口臭がある。指摘されたことがある。
  • 歯科医院にあまり通院した事がない。虫歯の治療をした事があまりない。

等の項目に当てはまることがあると歯周病の可能性が考えられますのでご相談ください。

義歯


義歯(入れ歯)をご利用されている患者さまの中には、「義歯は噛みにくい」「痛い」といった感想を持たれている方がいらっしゃいます。確かご自身の歯に比べると義歯は噛みにくいし動いてしまうので煩わしいかと思います。
義歯の不備が原因のためにそういった起こっている事も多々あります。何らかの理由で歯を失ったことで顎の骨が極端に少なくなり義歯が不安定になっていたり、長年の合わない義歯の使用や癖によって、かみ合わせが不安定になっていることが考えられます。このように義歯に問題がある場合は、修理して違和感を少なくできるのか、新たに作り直すことで義歯を快適に使用していただけます。義歯に問題がないのだけれど合わない場合もあります。その場合は、いったん治療用に仮義歯を使用していただき、種々の問題を改善してから、最適な義歯をお作りします。
単純に『新しく作ればよくなる』とは限りません。『何が問題なのか』をよく見極めることが重要なのです。
また、義歯を使用されている患者さまで食べ物の味を感じにくい、発音しにくい、義歯が大きくて重い、喉の奥に義歯の縁が触れて嘔吐反射が起きるなどのお悩みの方もよくいらっしゃいます。
義歯のことでお悩みなら、是非ご相談ください。

口腔外科


抜歯やお口の中の炎症の治療、顎関節の治療などを行います。親知らずの周りの歯茎が腫れて痛む。口の中の粘膜が赤くなってヒリヒリする。口を開けるとカクカク音がする。夜寝ている間に歯ぎしりをしたり、食いしばっているなど歯が痛むわけではないけど歯医者で治療してくれるのだろうか?と疑問をお持ちの方もよくいらっしゃいます。これ以外にも治療できることはたくさんありますので、「こんな症状だけど診てもらえますか?」とお気軽にご相談ください。

インプラント
インプラントとは、歯が何らかの理由で喪失してしまった時の治療法の一種です。人口の歯の根を顎骨に埋め込む治療方法で義歯やブリッジよりも見た目も、噛み心地も本物の歯に近く、まるで新しい歯が生えてきたかのように、違和感が無いのが特徴です。
当院では、インプラント手術前にしっかり検査を行い、安全性に対して細心の注意を払った上でインプラント治療を行います。「見た目や噛み心地にこだわりたいけど、インプラントは怖い」とお考えの方も、ご相談ください。インプラントは確かに優れた治療法ですがやはりメリットもあればデメリットも存在します。メリットは見た目や噛み心地が本物の歯に近く、ほとんど違和感が無いのが最大のメリットです。また、義歯やブリッジのように隣の歯を削ることはありません。口元の見た目にこだわりたい方や、食事を美味しく安心して食べたい方、健康な歯を守りたい方に人気の治療方法です。
デメリットとしてはインプラントは保険を適用できないため、保険の義歯やブリッジと比較すると費用が高くなります。
また、人工の歯の根を顎骨に埋め込むため、骨の状態によっては追加の外科手術が必要であったり、埋め込むこと自体が困難であったり、インプラントが骨に定着しないという可能性があります。

審美歯科


ホワイトニングは現在日本でもよく知られるようになりましたが、アメリカを始めとする諸外国では、白く美しい歯を維持することを身だしなみやお洒落のステップアップの一つと捉えています。
当医院では、十分なカウンセリングと検査により患者様の歯の色彩の特徴やお悩みを伺い、最適な方法をご提案致します。

ノンメタル治療
体に優しく金属を使わない治療 現代人は生活の中で様々な有害物質を溜め込んでしまっています。その原因の一つに口腔内の金属充填物があげられます。
アメリカでは、既に人体への使用が禁止されているパラジウムや水銀という金属(保険内銀歯)が、日本では健康保険の治療で使われています。
体内の重金属(毒素)が人体の免疫機能に悪影響を及ぼし、金属アレルギー・アトピー性皮膚炎、頭痛・めまいをはじめ、自律神経失調症などを引き起こすといわれています。
また、口腔内に異種金属が存在することにより、ガルバーニ電流が発生し、味覚障害・頭痛・肩こりを引き起こすとも言われています。このように、患者さん自身に症状が出ていなくとも、免疫力、体力が落ちた時に、この様な症状が出るかもしれません。
当院では、体内に有害物質を蓄積させる口腔内の金属を除去し、人体に親和性のあるセラミック、ハイブリットジンに変える治療を勧めています。

ホワイトニング(ホーム/オフィス)
歯を削らずに白い歯を手に入れるのがホワイトニングです。歯を自力で白くする方法はテレビやインターネット上でも紹介されていますが、いずれも効果が弱いものや、素人判断で実践するとかえって歯を傷つける結果となってしまうものがほとんどです。
当院では、患者さまの歯の状態を見極めて、適切なホワイトニング方法をご提案します。ご予算やご希望の期間などに合わせて調整をすることもできます。アメリカではもはや常識のホワイトニング。日本でも多くの方が興味はあるのだけれど・・・という声をよく聞きます。興味がおありでしたらお気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング
即効性があり歯科医院で歯のクリーニングをして汚れを落とした後漂白効果のある薬剤を歯面に塗布し特殊な光を照射して歯を白くします。
約1時間で済みますので短時間で歯を白くしたい方におすすめです。
(結婚式・パーティー前など急に人に会わなければいけない時や就職活動の面接など)

ホームホワイトニング
ご自宅で専用のトレー(マウスピース)に漂白剤を入れ、歯にはめ込み、一定時間装着する事により白くする方法です。通常7~14日で歯を白くする事ができます。自分の生活のペースに合わせて白くする事ができます。
オフィスホワイトニング後に行うとより安定した、白さが得られるでしょう。

矯正治療(小児矯正)


奥歯を咬みしめたとき、前歯も横の歯もしっかり咬んでいますか?
ファスナーも歯車も、歯がしっかり咬み合って、はじめて持ち前の機能を発揮します。
同じように歯は、歯並びのきれいさだけではなく、すべての歯がきちんと咬み合い、あごの動きによく合って、食べ物を噛めなければなりません。
一見きれいな歯並びでも、上下の歯がきちんと咬み合っているとは限りません。
大切なのは、咬み合わせ!「歯並びをよくして、もっときれいになりたい」と、矯正歯科医を訪れる人はたくさんいますが、「咬み合わせをよくしたい」という人は、まだ少数派です。
しかし、「きれいな歯並び」とは"よく噛める、正しい咬み合わせ"であることを知ってください。

また、成人矯正治療には、抜歯・非抜歯、使用する装置等、あらゆる選択肢があります。
いずれも、しっかりご説明いたしますので、お気軽にご相談下さい。
お子様の歯並びで気になることがあれば、治療が必要か否か、いつ治療を始めるべきかどうかも含めお話しできると思います。

矯正歯科治療のメリットとリスク
矯正歯科の目的は、歯並び、咬み合わせの改善にあります。さらに良好な咬合の維持することで患者さんのQOL(Quality Of Life)の向上を目指します。

  1. 歯科疾患の予防
  2. あご骨の成長発育障害の予防
  3. そしゃく機能の改善と維持
  4. 口唇閉鎖不全の改善
  5. 発音の改善
  6. 顎関節と咬合との調和
  7. 体のバランスや運動能力の改善
  8. 一般歯科治療を行うために必要な歯の移動が可能になる

矯正歯科治療をすると、性格がポジティブに向かう傾向があるとされています。
ともすると、歯並びや咬み合わせの改善、さらには副次的なその予防に目を向けますが、矯正歯科を受診する患者さんの多くは外見の改善に大きな価値をおいています。
わたしたち矯正歯科医は、患者さんが健康で美しい外見を求めることを後押ししています。

ただし、矯正治療にも限界があります。
お口の中を見させていただき、患者様のご要望をお聞きした上で、メリット・デメリットをしっかりさせていただき、ご納得していただいたうえで治療してまいります。